島育ちの手作りの香辛料 ピィーヤーシ

 ピィヤーシとは,竹富島独特のグック(石垣)に自生しているコショウ科の植物です。ピィヤーシの実は年に2回,春と秋に小指ほどの大きさで実ります。中国では,この実を煎じて漢方薬として用いられているそうです。

 ここ竹富では竹の子初代,ハルばあちゃんが島独自の香辛料として開発し,2代目直子さんがその作り方を受け継いでつくり,長い間おそばのお供として愛されてきました。モチロン,おそば以外に野菜炒めなど,調味料として何でも使えます。完全手作りの香ばしい100%ピィヤーシ。是非,お試しください!


ピィーヤーシ画像

homeへ